肇里blog☆福寿草

「愉しみの美学」人生を愉しく・魂を生きる知恵。感覚を開く。

「人はどうやって、人を好きになるの?」その26

前編はこちら

 

  

 

稽古後、友人と、行きつけの仲良しのカレー屋さんに行きました。

 

 

すると、友人は、その店主と先生の顔が似てることを、笑いながら指摘して来ました。(笑)

 

 

「本当だ~!」と驚いたと同時に、

 

このカレー屋さんは元彼にも似てるんだよな~・・・

 

と気づいたとき、

 

 

ちょっとびっくりしました。(笑)

 

 

 

私は先生に出逢う前から、

 

本能的に、似たような雰囲気の人が気になっていたのでしょうか・・・(笑)

 

 

 

思えば、

 

稽古場のある街に住み始めたのも、たまたま(魂魂)です。

 

 

 

1人で入った家庭料理屋さんのカウンターで、

 

隣に座っていたおじいちゃんに、今の部屋を紹介されたのが、きっかけです。

 

 

 

私はこの街で1人暮らしを始め、近所のお店のチラシで、先生のイベントを知りました。

 

 

そして毎月通い始め、今の部屋は、稽古場まで徒歩5分です。(笑)

 

 

 

なんだか、かんだか。

 

「たまたま(魂魂)」が重なって、先生と出逢えた。

 

 

 

 

自分の直感を信じて、

 

勇気を出して自分を生きていたら、いつのまにか出逢っていた

 

  

 

 

そんな人に、すごく素直な想いを伝えることができて

 

 

よくわかんない返事だとしても、

 

メールが返ってこないとしても、

 

 

ずっと、未だに大好きで、

 

 

「こんなに誰かのことを好きになれる自分も大好きだ!」

 

と想いました。

 

 

 

 

今までして来た恋愛は、

 

この人がいい!」というよりも、

 

 

好きだし、何かあっても、お互い歩み寄れれば、ずっと付き合えるな」

という感覚でした。

 

 

だから私は、「氣が向いたら、誰とでも付き合えるんじゃないかな~

とさえ、思っていました。

 

 

 

 

けれど、今は、

 

 

ありのままの自分で、

 

本心から、「大好き!」っていう想いが湧いてくる。

 

 

相手に合わせるんじゃなくて、

 

自分から自然と湧いてくる。

 

 

無条件に、ずっと想いが溢れてくる。

 

 

 

先生のことが好きだな~って思うと、

 

まるで自分に好きだよ~って言ってる感覚になるくらい、

 

何かが一致している。

 

 

 

まるで自分のことのように、相手のことを思える。

 

 

 

そんな人と出逢えたことが、本当に本当に、たまたまの奇跡で、

 

この宇宙にありがとう!!!と、感謝しました。

 

 

 

 

続く

 

 

肇里

 

*魂から生きる「愉しみの美学」やってます!

hatsuri.hatenablog.com

 

 

 

肇里(hatsuri)

 

 

「いつも・今が・1番愉しい♪」が人生標語。

 

 

 

生まれつきの病気・その手術から、「自分だけの人生じゃない」・「何かに生かされている」ということを知る。

 

 

そんな人生を、世のために輝かせようと、

 

「大きくなったら、何になろう?」と、幼少期から興味を持つが、

社会人になり、迷子と挫折を経験。(笑)

 

 

働きながら様々なワークに取り組み、

 

「魂から生きる自分」を見つける。

  

 

毎日魂から生きることで、

自分も人も、この宇宙も、信頼して流れに任せて生きられるようになる。

 

 

自分の本音が、第1優先。

 

「純粋な魂を生きる人を増やしたい」と思い、「愉しみの美学」を始める。

 

 

(現在のエネルギー量は、30兆はっちゃんptです。ふふっ笑)

 

愉しいエネルギー受け取りたい方は、登録どうぞ♪(解除もどちらも無料です)

メールマガジン 購読申込用フォーム