肇里blog☆福寿草

「愉しみの美学」人生を愉しく・魂を生きる知恵。感覚を開く。

DAYDREAM(白昼夢)

肇里です。

 

今日は、珍しく英語のタイトルです。(笑)

 

昼寝(夕寝?)の後に、かけた曲の中から。
JUDY AND MARYです、懐かしい。

 

そうそう、昼寝してたんです。

 

暖房つけながら、
出てきた昔の感情を見ていたら、
いつのまにか2時間ほど眠っていました。w

 

朝は新年・初稽古をして、
そのあと友人と美味しい和食を食べて、
ゆるりとしていました。

 

部屋に帰って、ぼーっとしていました。

 

好きな人に会って、
ハートを開いて友人と話して、
すごく満たされていたからかもしれませんね。

 

学生時代の自分が、見ないようにしていた「寂しさ」が出てきました。

 

大学生の時、
私は時間を持て余していて、
感情に敏感で、
それとどう付き合っていいのか、わかりませんでした。

 

「人生って長いね」

なんて、友人とぼーっとしている時にふと出てきたのですが、

自分の魂には、本当に、いろんな側面がある。

 

よし!世界に、夢に向けて動こう!

という時もあれば、

1人、内側の世界に見つめていたい、

なんて時もある。

 

こうやって、発信していると、
どうしても「動こう!」系が多くなるのですが、

今日は、後者ですね。
「あ〜、あの時、寂しかったね〜」なんて。

 

仲間と一緒にいても、
誰かと付き合っていても、
心のどこかには寂しさがありました。

 

自分の表用の顔を作って、
繊細な感性を守っていました。

 

その感性が、私の1番の魅力で宝物だということに、
ここ数年で、氣づいたんですけどね(笑)

 

自分のそうゆう闇の部分は、後回しにしていたから。
成長するっていうのを大事にしていたから。

 

ハートを開いていくと、
世界からたくさん受け取れるようになります。
そして、すごく繊細な自分を感じるときもあります。

 

その繊細な自分には、人としての「弱さ」を感じることもあるでしょう。

 

でもそこに、

純真な自分で、
今この瞬間を誰かと分かち合えた時の、喜びがあります。

 

人が1人、自分という人間性を出して、生きていく。

 

だからこそ、

どんな感情もシェアできる人や、
心底安心できる人と、出逢えたりする。

 

この世界を、人を、自分自身を、信頼できるようになる。


さーて、これから、先生の個人稽古だ(*^^*)

私がハートをこんなに開けるようになったきっかけの人です。

同じく繊細で、素晴らしい感性を持っている人です。

ありがたく受け取ってきます♪

 

肇里


☆肇里(hatsuri)
 
「いつも・今が・1番愉しい♪」をモットーに、
ひたすらベストな状態で、愉しい事をして生きる人。
 
生まれつきの病気・その手術から、「自分だけの人生じゃない」・「何かに生かされている」という感覚を持つ。
 
そんな自分の人生を世のために活かそうと、
「大きくなったら、何になろう?」と幼少期から興味を持つが、
社会人になり、挫折と迷子を経験。(笑)
 
働きながら取り組んだ様々なワークから、
「魂・ハート・宇宙意識」と、がっちりコネクトした、自分を見つける。
  
自分も人も、この宇宙も、信頼して流れに任せて生きられるようになる。
 
現在は、魂を発揮してキラキラ生きようと、
愉しみながら、対面セッションをして暮らしている。
 
(現在のエネルギー量は、18兆はっちゃんptです。ふふっ笑)
 
愉しいエネルギー受け取りたい方は、登録どうぞ♪(解除もどちらも無料です)
メールマガジン 購読申込用フォーム