肇里blog「愉しみの美学」

あなたの望みを実現する対話と瞑想

「人はどうやって、人を好きになるの?」その16

前編はこちら

 

「人はどうやって、人を好きになるの?」その15 - 肇里blog☆福寿草

 

 

前日の稽古のお茶の帰り。

 

 

何度か言えそうな場面はありつつも、

奥さんや子供の話をしていたら、

「好きです」と言えなくなってしまい。

 

 

私は先生に想いを告げられなかったことが悔しくて、悔しくて、

たまりませんでした(笑)

 

 

「この想い、どこへ向ければいいの?」と、

もどかしい気持ちが溢れ、

 

 

しまいには、

珍しく「ばかやろー!」なんて暴言を、誰にいうでもなく吐きながら、

布団を敷いていました。(笑)

 

 

そのくらい、好きだったんです。

 

 

 

 

で、翌朝も、モヤモヤと残っていました。

 

 

その日も先生と会える、稽古のある日でした。

 

 

このモヤモヤを、解消してから行きたい!

と、家を飛び出し、

スタバで紙に書き出しながら、内観し始めました

 

 

内観は、自分の心身に気づいていくことです。

 

 

この内観をするとき。

 

必ず、自分を見ることが大事です。

 

なぜかと言えば、相手の気持ちは、本当にはわからないからです。

人が変えることができるのは、自分のことだけです。

 

 

なので、今回だったら、

先生の状況はつべこべ考えずに、私の感情を見ました。

 

 

「なんで私は昨日、タイミングよく想いを伝えられなかったんだろう?」

と出てきた疑問を見ていくと、

 

 

告白して上手くいったら、自分がどうなるかわからなくて、未知だから」

 

と思っていることが、わかりました。

 

 

今の私にとって、一緒にいるだけで、エネルギーが上がる相手です。

 

もしパートナーになったら、

無限にエネルギーが上がって、人生が大変化するのが、

目に見えていました。

 

 

これ以上、エネルギーの上がることは、地球上にはないなっ!!

と思うくらい、

先生と一緒になったら、どんな自分になってしまうのか、

今までの経験で測れないくらい、未知ゾーンでした。

 

 

もはや、後戻りはできないな・・・と怖くなるくらいw

 

(まぁ、いつだって、後戻りはできませんけど。w

 

 

逆に、このまま師弟関係を続けるとしたら、

 

そこそこ充実しますが、大成長するタイミングを逃すな~

このままの私で、力強くなっていくな~

 

と、いうことが、はっきりと感じられました。

 

 

「本氣で、自分が喜ぶことを生きよう」

という意図がなかったら、

 

「未知だなんて、そんな怖いことできない」

と、諦めたかもしれません。

 

 

でも私には、

「先生といたら、無限に喜べそうだな!!!」

と思えるイメージが湧いていました。

 

 

私は、

自分の気持ちを正直に伝えよう!

と、決心しました。

 

 

結果はどうなってもOK

ただただ、まっすぐに自分の魂とハートの願いを表現しよう!

と思いました。

 

 

それは先生がどんな状況であれ、遠慮せずに、私は魂とハートに素直に生きている姿です。

 

 

そんな風に気持ちがまとまり、

意気揚々と、その日も稽古に出かけたのでした♪

 

 

続く

 

 

肇里

 

新年茶会やります!

1月7日(日)10時~11時半まで

恵比寿駅近くにて。

お一人様8000円で、お茶・ケーキ代込みです。

いい年にしたい方、ぜひ♪

お申し込みはこちらから、どうぞ。

福寿草◆お問い合わせ

 

 

 

肇里(hatsuri)

 

「いつも・今が・1番愉しい♪」をモットーに、

ひたすらベストな状態で、愉しい事をして生きる人。

 

生まれつきの病気・その手術から、「自分だけの人生じゃない」・「何かに生かされている」という感覚を持つ。

 

そんな自分の人生を世のために活かそうと、

「大きくなったら、何になろう?」と幼少期から興味を持つが、

社会人になり、挫折と迷子を経験。(笑)

 

働きながら取り組んだ様々なワークから、

「魂・ハート・宇宙意識」と、がっちりコネクトした、自分を見つける。

  

自分も人も、この宇宙も、信頼して流れに任せて生きられるようになる。

 

現在は、魂を発揮してキラキラ生きようと、

愉しみながら、対面セッションをして暮らしている。

 

(現在のエネルギー量は、17兆はっちゃんptです。ふふっ笑)

 

愉しいエネルギー受け取りたい方は、登録どうぞ♪(解除もどちらも無料です)

メールマガジン 購読申込用フォーム