肇里blog☆福寿草

「愉しみの美学」人生を愉しく・魂を生きる知恵。感覚を開く。

「人はどうやって、人を好きになるの?」その9

(前編はこちら♪)

「人はどうやって、人を好きになるの?」その8 - 肇里blog☆福寿草

 

仲のいい師弟関係を続けて来た私と先生。

 

そんな仲に、少しずつ、変化が起こり始めます。

 

 

 

 

今年の10月。

2回目のハワイ旅行に行く前に、先生と稽古で会いました。

 

 

先生に、

「またハワイ行って来ます!今度は1人で!」

と宣言した時のことです。

 

 

ちょうど集団稽古が終わり、

帰り支度をする仲間が、周りでガヤガヤしていました。

 

 

私が、そんな話をすると、

「僕も旅したいですよ。」

と、話をされました。

 

 

「1人旅しないんですか?」

と聞くと、

「いやね、」

と苦い顔をして、こんな話をしてくれました。

 

 

「昔、子供の小学校の授業参観のとき。

1人ずつ、保護者が自己紹介させられたんですよ。

 

その時、『旅行に行くとしたら、どこに行きたいですか?』と、聞かれて。

僕は『1人で行けるならどこでもいい』と言ったんです。

 

そうしたら、それを隣で聞いていた家内に、

『あの時とても恥ずかしかった!』と、悲しませてしまったんです。

 

僕はそんなつもりなかったんだけど、ずっと言われててねー・・・。

あっちの人は、みんな家族を大事にするから。」

 

 

「あ~(苦笑)」

という反応をした記憶があります。w

 

 

きっと、本当に先生には悪気がなくて、

ただ思ったことを素直に言ったんだろうな、と。

 

 

そして、アメリカ人の奥さんは、「そんなことをみんなの前で言うなんて酷い!」と許せなかったんだろうな、と。

 

 

そのうち話が切り替わり、

先生が若い頃にした1人旅の話になりました。

 

 

メキシコに1人旅をしたときのこと。

なんと、着いてすぐに財布を海に流してしまったらしいのです!

 

 

ええっ!大丈夫だったんですか!?

 

と、びっくりしましたが、1ヶ月くらい生き抜いたらしいです。(笑)

わはは、すごいですね~!なんて笑っていました。(笑)

 

 

まぁそんな感じで、特に奥さんのことは気に留めてなかったのですが、先生自身がたまに、

「家族のこととかね・・・」

と、重い感じに話す姿を見て、なんだろう?と思っていました。

 

 

 

その前月。

私が母親と姉を連れて稽古場に行ったとき。

 

 

先生はびっくりした顔で、

「肇里さんにも、家族というものがいたとは!

と、言ったのです。

 

 

「いや、私も人の子ですから、家族はいますよ!(笑)」

なんて言ってね。w

 

 

先生は家族のことを、しがらみのように感じているのかな?と思いました。

 

 

先生は身体に関して、自由自在な方でした。

しかし家族に関しては「不自由さ」を感じているところが、とても不思議でした。

 

 

1人1人、「不自由さ」を感じるテーマは違うんだな~、と思いました。

 

 

私だったら、身体ですしね。

人は、何かしら葛藤を抱えて生きるのかもしれませんね。

 

だからこそ、生きている、ともいう。

 

 

そして、会うたびに

「肇里さん、最近は、どこ行ってきたの」

と嬉しそうに聞くので、

 

先生、本当はもう少し自由に生きて、旅がしたいんだろうな~」と感じました。

 

 

 

 

ちょうどその時期。

 

私は新しいセッションを始めました。

 

それを受けた稽古仲間から、

 

「肇里ちゃんと先生って、結局、伝えたいことが一緒でしょ」

 

なんて言葉を言われたのです。

 

 

「え!そうなんですか?」

と、私自身が驚きました。

 

 

本人は気づかない、ってやつですよね(笑)

 

 

「確かに、本質的にやりたいことは、先生と一緒だな」

なんて、その時に気づきました。

 

 

稽古で影響を受けたところも沢山あるし、

 

先生と出会う前から取り組んでいたので、

 

 

同じような目的を持っている人が近くにいて、ありがたいな~」

 

 

と、感じていました。

 

 

特に、フリーランスで始めてからは、周囲に仲間がほとんどいなかったので、

すごく近い信念を持っている先生がいて、本当に心強かったです。

 

 

「肇里さん、今年に入ってブレイクしてるよね。僕のおかげもあるのかな?笑」

 

と聞かれたときも、

 

本当に先生のおかげです!!!

 

と、力説できるくらい、お世話になっていました。

 

 

私は本当に思ったことしか、あまり言いません

 

本当に、先生の在り方を見て、励まされたのです。

 

 

違う方からも、

「先生と肇里ちゃんって、兄妹みたいよね」

と、言われたことがありました。笑

 

 

なんだか私と先生って、似てるんだな~、と感じてきました。

 

 

「先生と似てるなんて、光栄だな~嬉しい♪」

と思いながら、

私はハワイへ飛んだのでした。

 

 

続く!

 

肇里

 

肇里(hatsuri)

 

「いつも・今が・1番愉しい♪」をモットーに、

ひたすらベストな状態で、愉しい事をして生きる人。

 

生まれつきの病気・その手術から、「自分だけの人生じゃない」・「何かに生かされている」という感覚を持つ。

 

そんな自分の人生を世のために活かそうと、

「大きくなったら、何になろう?」と幼少期から興味を持つが、

社会人になり、挫折と迷子を経験。(笑)

 

働きながら取り組んだ様々なワークから、

「魂・ハート・宇宙意識」と、がっちりコネクトした、自分を見つける。

  

自分も人も、この宇宙も、信頼して流れに任せて生きられるようになる。

 

現在は、魂を発揮してキラキラ生きようと、

愉しみながら、対面セッションをして暮らしている。

 

(現在のエネルギー量は、17兆はっちゃんptです。ふふっ笑)

 

愉しいエネルギー受け取りたい方は、登録どうぞ♪(解除もどちらも無料です)

メールマガジン 購読申込用フォーム

 

 

<現在受け付け中♪>

hatsuri.hatenablog.com