肇里blog☆福寿草

「愉しみの美学」人生を愉しく・魂を生きる知恵。感覚を開く。

「反転する世界」ー1番大事なものを捨てること

 

 

「人生を変えたかったら、1番大事なものを捨てなさい」

 

 

この言葉は数年前に、呼吸法の加藤先生から、初めて聞きました。

 

 

確か、レッスン後にお蕎麦を食べているとき。

他の人に話しているのを聞いたのだと思います。

 

 

その時は、あまり、ピンとこなくて。

 

 

それでも人生の変わり目のときには、何度かこの「1番大事なものを捨てる」ということを意識して、

 

 

一人暮らしを始めたり、

音楽を辞めてみたり、

安定した暮らしを辞めたりしました。

 

 

だけど、今振り返ってみると、

「行動」で、「1番大事なものを捨てる」

のではなくて、

「意識」で、「1番大事なものを捨てる」

ということだったんだな~と思います。

 

 

散々、「意識から変わりますよ」

という話を自分でもしているから、

今更なんだけど(笑)

 

 

言われたときにピンとこなかったのは、

「行動」として、1番大事なものを捨てようとしたからなんだな~と思います。

 

 

まぁ、一人暮らしなんかは特に、「家を出るぞ!」と思っても、

実際には、「出ない」ですしね。出家するわけでもないし(笑)

 

 

一人暮らしをして、家族に対する意識が変わったのが、私の大きな財産になりました。

 

 

とりあえず私は、

人生の節目ごとに「してみたかったことを、してみた」んだと思います。

 

 

人生がマンネリ化して、「これはもう違う」と思った時は、職を変えました。

 

「お茶のプロフェッショナルになる!」と思っていたときは、音楽を辞めました。

これは、1番というよりは、取捨選択っぽいかな。笑

 

 

 

 

「1番大事なものを捨てる」

 

これって深い部分では、「今まで、大事にしてきた意識を捨てること」です。

 

 

この間、プロフィール写真を変えたり、

「いつも今が1番愉しい!」という私の根底にあったスタンスを表現しました。

 

 

これは、私の中での大きな変化でした。

それこそ、「1番大事にしてきたものを捨てた」からです。

 

それは、何か。

 

「仕事をするという意識を捨てた」んです。

 

 

今まで一生懸命、

「どうやって自分の仕事をしようか」と探してきたし、

そのためにスキルを毎日、磨いて生きてきました。

 

呼吸法や瞑想は欠かさないし、

 

意識の変化を見逃さないし、

 

感情や身体はいつもベストな状態でいることを心がけました。

 

 

でも、それってなんのためにやってきたのかと言うと、

「クライアントさんとベストな仕事をするため」だったんですよね。

 

自分が良い状態でいることが、

相手を良い状態に導くことを知っていたから。

 

 

意識を拡大していくのも、どんな人にも対応できるようになりたかったから。世界対応ケータイ、みたいね笑

 

 

感情や身体や意識は共鳴するから、

私が良い状態でいることで、

相手にも良い状態を味わってもらいたい、と思っていた。

 

 

でもね。

とうとうそのスキル磨きも、クライアントさんの反応を見て、

「もう十分だ」と思えたんです。

 

そして、

「そろそろ、もっと拡大したいな」って思ったんです。

 

それから、自分の方向性を意識し始めました。

 

 

そうしたら、今まで無意識に行動の原点にしていた、

「仕事のために(役割のために)」という意識が出てきました。

 

 

これって、私が小さい頃から、本当に1番大事にしてきたことで、

だからこそ、当たり前すぎて、全く気づかなかったんですよね。

 

 

幼稚園のお遊戯会では「主役を演じきるっ!」みたいな意識があったし(笑)、

 

小学生でグループ発表がある時は、「それがうまく行くように!」と尽くしたし、

 

学生時代のバンド活動も、「どうゆう存在だったらベストかな」って、

いつも大事にしてきました。

 

 

今更そこを再考するつもりはないけれど、私には、

「役割意識」がすごくありました。

 

 

そのための努力は当然のようにしてきたし、

それで、そこそこ、うまくいってきました。

 

 

だからこそ当然のように、

社会に出てからは、仕事のために努力してきました。

 

けれど・・・

もうそこも捨てよう、ってなれました。

 

 

きっかけは、今年1年間、フリーランスで働いて、

いろんな方達と会えたおかげです。

 

 

最近、特にそこに焦点を向けさせられるような流れが来ていました。

 

 

セッションでクライアントさんとめちゃめちゃ愉しく笑って話せたり、

 

 

仕事熱心な友人を見て「昔の私と似てるな」と感じるようになったり、

 

 

「この稽古場は、僕の理論を証明するためのラボだ」という先生の素直さに思わず笑ったり、

 

 

「あなたは感性が財産で、愉しんで生きることで、どんどん豊かになって行く人ですね」

という言葉を、初対面の人にプレゼントしてもらったり。

 

 

どんな方向性でやっていこうかな、

と思っていた時に、いろんな方の言葉に触れて、

 

 

「私、本当に自分が人生を愉しむために生きたい!」

 

 

という本音が出てきたんですよね。

 

 

何かやろうとしなくて良いんだ。

本当に、愉しんで良いんだ!

 

やっと、心の底からそう思えました。

 

 

「仕事をする」意識とお別れすることで、

自分の「愉しみたい」っていう素直な気持ちに、

深くOKできるようになりました。

 

 

本当に、いつもいつも、関わってくれる方達には、本当に感謝だな、と思います。

 

 

私は誰かがいるから、私に気づくことができる。

その人は、私の鏡。私のある側面を見せてくれる。

 

 

そんな風に感じています。本当にありがとう。

 

 

冬至が近いからかな、

陰になっていた意識に、光が当たりやすくなっていますね。

 

 

この時期に、ベストな気づきだったな~と思います。

 

 

ずっと仕事に光が当たってていて、

陰になっていた「愉しみ」の部分。

 

 

私は、私を愉しむことに、光を当て始めました。

 

 

それは、どんな世界を切り開くのか、未知だけれど。

未来に向けて、静かにワクワクしています。

 

 

ずっと触っていなかったギターを弾きながら。肇里

 

 

f:id:hatsuri888:20171221115504j:image

 

反転する世界.

 

 

☆肇里(hatsuri)

 

「いつも・今が・1番愉しい♪」をモットーに、

ひたすらベストな状態で、愉しい事をして生きる人。

 

生まれつきの病気・その手術から、「自分だけの人生じゃない」・「何かに生かされている」という感覚を持つ。

 

そんな自分の人生を世のために活かそうと、

「大きくなったら、何になろう?」と幼少期から興味を持つが、

社会人になり、挫折と迷子を経験。(笑)

 

働きながら取り組んだ様々なワークから、

「魂・ハート・宇宙意識」と、がっちりコネクトした、自分を見つける。

  

自分も人も、この宇宙も、信頼して流れに任せて生きられるようになる。

 

現在は、魂を発揮してキラキラ生きようと、

愉しみながら、対面セッションをして暮らしている。

 

(現在のエネルギー量は、16兆はっちゃんptです。ふふっ笑)

 

愉しいエネルギー受け取りたい方は、登録どうぞ♪(解除もどちらも無料です)

メールマガジン 購読申込用フォーム

 

 

今日もいい1日を♪

肇里