肇里blog「愉しみの美学」

あなたの望みを実現する対話と瞑想

「人はどうやって、人を好きになるの?」その6

前編たち♡

 

「人はどうやって、好きになる?」 - 肇里blog☆福寿草

「人はどうやって、人を好きになる?」その2 - 肇里blog☆福寿草

「人はどうやって、人を好きになる?」その3 - 肇里blog☆福寿草

「人はどうやって、人を好きになるの?」その4 - 肇里blog☆福寿草

「人はどうやって、人を好きになるの?」その5 - 肇里blog☆福寿草

 

その6です。

 

「今1番楽しいことをやる!」と生きてきた私が、

昨年ハマったのは、直感で見つけた先生のレッスン。

これは、天力だったなあ。♡

  

 

 

その6

 

 

身体のことに意識が向き始めた私。

 

 

実は社会人になってから、会社で働くことが合わなくて、生理が来なくなっていました。

 

 

呼吸法を始めた1番のきっかけは、それでした。

 

 

しかし、なかなか生理は来なくて、ずっとピルを飲んで生理を起こしていました。

 

 

薬に頼らなければいけない状態が嫌で、

ある時から、私はピルを飲むのをやめました。

 

 

ピルを飲んでいると、妊娠することができないからです。

 

いつまでもピルを続けていたら、私の将来のために良くない。

 

 

そう思って飲むのをやめると、やっぱり生理は来なくなりました。

 

 

うーん、どうしよう。。。

 

そう思いながらも、

 

「治そう」とは思わず、そのままにしていました。

 

 

私は、

 

「何かを問題だと思うと、それは問題になる」

 

という人生の知恵を持っています。

 

 

例えば、生理が来ない状態を「問題」にしてしまうと、

 

それを解決しようと、「問題に執着する自分」が生まれるのです。

 

 

それは、エネルギー(生命力)を落とすことだと、私は病気をしたことで身をもって感じていました。

 

 

今の自分の状態を否定すると、私の心も身体も、悲しくなる。

 

 

そうではなくて、何か理由があって、身体は生理を起こさないのだから、それをまずは受け取ろう。

 

 

そう、思っていました。

 

 

まあ、心が弱っているときは「なんで来ないんだー」って気にしましたけどねw

 

 

それでも、自然と身体が生理を起こすのを待っていました。

 

 

「なにがあっても、自分のことを責めないこと。」

 

 

これは生きる上で、とっても大事なことです。

 

どんなことも、ハートを開いて、認めることが大事です。

 

 

認めず責めれば、どんな人も落ち込みます。

 

ハートは見えないけれど、傷つきます。

自己評価も下がります。

 

 

本来はもっと輝けるはずなのに、

 

「自分はこんなもんさ、」

 

と、自分を知らないまま、人生を諦めてしまうことになります。

 

 

だから私は、今1番楽しいことを、ずーっと仕事の傍、やっていました!

 

そして今の「ハートを開いて、魂と繋げる」仕事になりました♪

 

 

もし、これを読んでくれているあなたが、

 

「今、知りたい!経験したい!」

というがあれば、お金は気にせずに挑戦してみることです。

 

 

私も、たくさんお金を使って、挑戦しました。

 

お金が足りない時は、両親にお願いもしました。

 

その経験のどれもが、一生残る私の資産になり、私の能力になりました。

 

やりたい情熱を話して、その気持ちを一緒に大事にしてくれた両親には、本当に感謝です。

 

いつも泣いちゃうくらいね。笑

 

そんな具合で、冬を終え、春になりました。

 

 

 

相変わらず、先生のレッスンは大好きで、たくさん通っていました。

 

 

3月頃には、「顔つきが明るくなったね」と言われるようになり、

 

 

先生に触れてもらった時、

「細胞がプクプク笑った!」という稀有な感覚を得たこともありました(笑)

 

 

「先生は私にとって、大事な変化をもたらしてくれる人なんだな~」と感じていました。

 

 

 

今を楽しみながら、受けた5月の個人レッスンの時。

 

 

先生に触れてもらうと、子宮のあたりがふわっと、緩むような感覚がありました。

 

 

ちょっとそわそわ・ワクワクして、

「やけに涙が出るな~、メランコリックだ」と思っていたら、

 

ある時、急に生理が来たのです。!

 

 

びっくりしました。

それに、すごく嬉しかったです。

 

 

「私もやっぱり女性だったんだ!」と思えたことが、一番嬉しかったです。

 

その時の仕事は、肉体労働の要素が強かったので、内心「男みたいな気分」になっていたのです。笑

 

 

人は環境で、本当に変わります。

 

 

社会人になってから薬を飲み、それを辞めてから1年間来ていなかった、「女性にとって大事なこと」が、また来たこと。

 

 

感動して涙が出ました。

よかったね~、と自分に言うことができました。

 

 

当時は若干恥ずかしく、先生に報告することはありませんでしたが(笑)、

「先生のおかげ様だな~」と、心の中で手を合わせていました。

 

 

先生から受け取った、あの「ふわっと緩んだ感覚」が、

私の「ハートと魂と身体」の自然を取り戻した瞬間でした。

 

 

それからより、先生への信頼感を増していきました。

 

 

仕事も職場が変わり、お店でお茶を淹れたり、接客をするようになったりしました。

 

人と話すことが好きだった私は、以前より仕事が楽しくなりました。

 

 

 

「今を楽しもう」という意識があれば、

 

 

楽しむために必要な人や場所が現れ、

 

 

それを喜んで受け取れば、どんどん自分が変わっていく。

 

 

天や宇宙の取り計らいを、強く感じていました。

 

 

「ありがとう」と、上に向かって感謝しながら、楽しくなっていく自分の人生が、もっと愛おしくなりました♡

 

 

続く♪

 

 

 

肇里