肇里blog☆福寿草

1人1人が自分を楽しむ世界に向かって☆「本来の自然な状態」で、「じぶん感覚」を取り戻す☆Energie worker hatsuri

「23時半に、小豆もなかアイスを食べながら」

ただいま、23時半。

 

 

近くのセブンイレブンで、小豆もなかアイスを買い、

パクついていました。

 

 

なぜかというと、無性に食べたくなったからです(笑)

 

 

夕飯も食べず、ひと眠りしたら、どうしようもなく、アイスが食べたくなったのです。

 

 

十分に目が覚めてから、「よし、いこう!」と、なりました。

 

 

以前は、「もう夜も遅いんだから、わざわざ・・・」と、そうゆうことはしなかったのですが、

 

 

今日はしたい!と思い、思わず出かけて買ってきました。(笑)

 

 

 

こんな変化があったのも、今年フィンランドとハワイに行ったおかげです。

 

 

 

フィンランドって、いたるところにアイス屋さんがあるんですよ。

 

 

そしてフィンランドでは、

街を歩けば、

必ず!!!誰かがアイスを食べてるんですよ(笑)

 

 

都市部では、半数以上の人は食べてたんじゃないかな。

 

 

色素の薄い外人さんたちが、こぞってみんな、アイス食べてる。

 

 

恰幅のいいおばちゃんやおじちゃんも、

なんにも気にすることなく、アイス食べてる(笑)

 

 

で、たまにカモメに襲撃されてる(笑)

 

 

みんなぺろぺろアイスなめてて、それがスタンダード!みたいな感じだから、

 

 

私もアイスに対する気持ちが、グンと上がりました(たはは笑)

 

 

「アイスおいしーよね~~~!カロリーとか、なんのこっちゃい!今がおいしーんじゃー」みたいなね(笑)

 

 

結構、食べものや食べ方には気を付けてたのですが(好きだからこそ)、

 

ここ半年間、仕事のストレスがずいぶん減ってから、

 

「今の私だったら、食を気にしなくても大丈夫そう」、と感じてきていて。

 

 

その気持ちに拍車がかかりました(笑)

 

 

そして2つ目の変化。

 

 

ハワイに行った時に、

 

一緒に行った友人から

 

 

「食に関する時だけ、なんか自然じゃないよー」

 

 

と指摘を受けたのです。

 

 

改めて見直してみたら、確かにこれまで守ってきたルールみたいな部分が、

ちょこちょこ残っていて。

 

 

例えば、

 

遅い時間には食べない、とか。

 

冷たい飲み物は夏もなるべく飲まない、とか。

 

あとは、

誰かと一緒にいる時は、おなかが空いてなくても一緒に食べる、とか。

 

 

そうゆう、自分の本心にブレーキをかけていたところ、

 

 

食に関してはあったんですよね。

 

 

ブレーキがあると、その時、どうしても不自然な私になっていて。

 

 

それを教えてもらって、よかったな~と、本当に思います。

 

 

おなかが空いて、その時食べたいものがあったら、食べればいい。

 

 

食べたくなければ、食べなくていい。

 

 

時間を気にして制限しなくてもいい。

 

 

どこかで得た知識や、つじつま合わせみたいな食べ方の思考に、縛られなくていい。

 

 

好きな時に、好きなものを食べたらいい。

 

 

そんな自分になれて、ひとつ、自由になれたのでした。

 

 

どんなことでも一緒。

 

 

ブレーキがあると、本来の自然な自分とは、ちょっと変わる。

 

 

だから、

 

 

ブレーキに気づいて、外していこう。

 

純粋な気持ちに従おう。

 

本来の自分の声に、素直になろう。

 

 

 

夜の23時半に、おいしー小豆もなかアイスを食べながら。笑

 

 

肇里

 

f:id:hatsuri888:20170825015316j:image

(これはフィンランドのカフェ・チェーンのアイス)

 

☆本来の感覚に♪

ドリームガイドセッションも募集しております。

まずは、メルマガからどうぞ〜♪


ゆるく人生のエネルギーを高めるメルマガはこちら↓(Free!
https://submitmail.jp/FrontReaders/add/4486