肇里blog☆福寿草

1人1人が自分を楽しむ世界に向かって☆「本来の自然な状態」で、「じぶん感覚」を取り戻す☆Energie worker hatsuri

朝の蜘蛛の話

 

 

こんばんは!肇里です。

 

 

 

今、取り掛かっていることがあるのです。

 

 

 

それは、私ならではの仕事で、私にしか作れない!と言ってもらえたような仕事なんです。

 

 

 

「私にしか!」なんて、結構テンション上がりますよね。笑

 

 

 

それが、1週間前のことでした。

 

 

 

しかし、それに対して、何故だか100%の力で取り掛かれてないところがあって。毎日、50%くらい。

 

 

 

100の力は出せなくても、70の力は出したいな〜と思っていたんです。

 

 

 

なんでだろうな〜と思いつつも、その仕事に関して、自分の動向を見守ってたんですね。

 

 

 

自分の動向っていうあたり、地味すぎる感もありますが(笑)、

 

 

 

どんな仕事をするにも、自分の感情や体調はとても大事です。

 

 

 

自分の意向次第で、仕事の質も変わるからです。

 

 

 

そんな状態だったからか、昨夜の夢に、私の仕事を応援してくださる方が登場しました(笑)

 

 

 

たぶん、今朝の夢に出てきたのも、そうゆうことでしょう。「早く作って〜!」みたいなね。

 

 

 

 

そんなんで、今朝は「あ〜、今日こそはもっと仕事進めよう」と起きたんです。

 

 

 

着替えを取り出そうと、押入れの襖を開けたんですよ。

 

 

 

そしたら襖の下に、

 

 

 

ででででかい蜘蛛が…!!!!!!!

 

 

 

 

「なんでそんなところにいるの〜〜〜!!!!」

 

 

と、自分でもびっくりするくらい、動揺した声が出て笑、

 

 

 

あわわ、どうしよう、、、と思ったんですよ。

 

 

 

 

押入れの奥の方に引っ込まれたら大変だな、と思っていたら、

 

 

「ぴょん!」と明るい畳の方(=私の方)に出てきてくれたんですね。

 

 

 

ちょっと後ずさりしつつも、「奥に入らなくてよかった〜」と思い、私は襖をサッと閉めました。笑

 

 

 

その蜘蛛は、大体親指くらいの大きさで、脚の長い蜘蛛でした。

 

 

 

そんなに言うほどの大きさ、ではないんですが、

 

 

もー私は触りたくなくって…泣

 

 

 

 

殺生するのも嫌だったので、

 

 

ファイルに蜘蛛を乗せて、ベランダに追い出そうと思ったんですよ。

 

 

 

で、ファイルを手に持って、えいっえいっと蜘蛛に乗ってもらおうとするんですが、

 

 

 

乗ってもすぐに飛び降りちゃって、うまくいかない。逃げられる。

 

 

 

それでも対峙すること2,3分。

 

 

 

よし、乗ったかな?と思ったら、なんと、ファイルの角が蜘蛛の脚に当たって、脚が1本落ちてしまったんですね…

 

 

 

それでも蜘蛛は再び壁に張り付き、ヨタヨタっと壁を登っていました。

 

 

「わーーーーーごめんごめんごめんー!!」

 

 

と言いながら、優しくファイルを差し出すと、弱った蜘蛛はそのまま乗っかりました。

 

 

 

で、そのまま、ひょいっとベランダへ逃がせました。

 

 

 

ベランダに出た蜘蛛は、脚が1本落ちてしまったためから、心なしか呆然としていて、その場で身体の調子を見ているようでした…

 

 

 

私はとても、申し訳無い気持ちになって、元の活動に戻りました。

 

 

 

 

その時に思ったのは、

 

 

 

「自分の小さな世界が変わってしまうかもしれない」という怖れから、

 

 

争いは起きるんだな〜、ということです。

 

 

私の場合、

部屋の中に、親指くらいの蜘蛛がいたら嫌だったから、退治しようとしました。

 

 

 

 

その奥底には、「自分の平穏を乱されることに対する怖れ」があったんですね。

 

 

 

 

本当に些細なことだけれど、私にとっては、大きな気づきでした。

 

 

 

 

冒頭の仕事に、なぜ100%取り組めないのか、という謎も、この時わかりました。

 

 

 

顕在意識では「よし、やるぞ!」と思っていても、

 

 

潜在意識(無意識)の中に、

 

 

自分の今までの世界を変えていくような仕事に、

 

 

「怖いよ〜」

 

 

というブレーキがあったからでした。

 

 

 

そのことに気づけてよかったです。

 

 

 

私の中の小さな世界でずっと生きるつもり?

 

 

と自分に問いかけたら、答えはNOでした。

 

 

 

私の世界は、怖がって守りにはいるのではなく、

 

 

行動し、受け入れていくことによって拡がるのだ!

 

 

そう思えました。(*^_^*)

 

 

 

大きな蜘蛛さん、気づきのきっかけをありがとう。

 

 

 

そのあと蜘蛛について調べてみたら、

 

 

芥川龍之介の小説「蜘蛛の糸」にあるように、「天からの使者」という意味合いがあるようです。

 

 

そして、朝の蜘蛛は、「とてもいいやつだ」と。

 

 

 

ごめんね蜘蛛さん、そして天からの言伝をありがとう。

 

 

不思議な話だけれど、起こることには何でも意味があるものです。

 

 

 

今日は、自分の中の小さな怖れを解放し、いい感じに進んだのでした♪

 

 

 

 

肇里

 

☆☆☆☆☆☆☆☆

 

日々の出来事から、

必要な気づきを得られる心身に。

 

 

自然な心と身体になり、

宇宙のサポートを得る福寿草の詳細はこちら。

http://hatsuri.hatenablog.com/entry/2017/04/13/180854

(すごい名前だけれど、そんな毎日です笑)

 

 

明夏さんとの、コラボメニュー&パワスポツアー&お茶会も募集中です♪

http://hatsuri.hatenablog.com/entry/2017/04/16/233749

 

 

ゆるく人生のエネルギーを高めるメルマガはこちら↓(Free!

https://submitmail.jp/FrontReaders/add/4486

☆☆☆☆☆☆☆☆