肇里blog☆福寿草

魂を自覚するセッションやってます。感覚を開く。

高田馬場のスタジオ練習で

f:id:hatsuri888:20170304230342j:image

 

(今日、肇里のカレー写真見てると食べたくなる!との声を頂いたのでまた載せちゃいます。グリーンカレー。いひひ)

 

こんばんは、肇里です。

 

今日は、大学時代の仲間と、スタジオでバンド練習してきました〜♪

結婚式での演奏に向けて、最後の練習です。

 

そのときに思ったのは、やっぱり息が合うと気持ちいいね〜、ってこと。

 

息が合うときって、

合図なしにお互いの雰囲気を感じ取ってる瞬間で、

 

うわー人間の感覚ってすごい!

 

なにも言わなくても、共有してる感じ、愉しい!

 

と、思うのです。

本能的で、無意識に近いものだなぁ、と思います。

 

感じて、音を鳴らす。

 

そのときにも、呼吸呼吸、、、と

息を感じていると、冷静な状態で演奏できて、うまくできることが多いです。

 

でね、そのバンド練習では、毎回、3時間くらい練習して、

あーもうすぐ練習終わりだな〜、って時に、

最後に1曲通すんです。

それはそれは…1番辛いのです。笑

 

現役時代なら弾けても、ブランクがあると体力がないのね。笑

 

 

でも、その最後に1曲通す=本番と同じ状況にトライする、ことで、

 

うわー体力もたない!

幻滅!

みたいになって、

 

自分の足りなさを思い知って、

 

また個人練習しよー!

 

ってなるんですよね〜。

 

上手いよね〜、花嫁の仕切り方。

って今日思いました。

 

もし、みんなが満足いく演奏で練習が終わっていたら、

本番まで、個人練習しないかもしれないもんね。

 

足りないところがあった方が、変わろう、伸びよう、とする感じ。

 

これって、いろんなことに、通じる気がしますね。

 

例えば、人生の困難って、誰にでもありますよね。

 

「なんでこんな時に、こんなことが…」

 

ってことは、ほんとーに、人それぞれ、誰にでもある。

 

で、そんな時。

不満でいっぱいになって、

自分や誰かを責めたり、無理!と逃げたりするのかもしれないけど、

 

そうじゃなくて、

「じゃあどうしようかな?」って

 

今自分ができることに目を向けてみる。

 

思うようにならない時は、

 

「今までの考え方から

ちょっと変えてみて」

 

って捉えるといいです。

 

もっと自分が気持ちよくいられる意識に変える、いいチャンスになります。

 

(そのときもやっぱり、自分の気持ちいい感覚を知ってることが、大事だねぇ。)

 

自分に意識を向けてみる。

自分で不満に気づくから、努力して、満足したくなるんです。

 

それって実は、その人ならではの幸せと繋がってたりするんですよ。

 

だから、困難が来た時は、よしキター!って思ってみるのは、1つ手です。笑

 

楽しくハッピーな結婚式になりますように!

あと2週間のうちに、ちょこちょこ練習してきまーす♪

 

肇里