読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

福寿草ー"都心のちょっと不思議な気持ちよいばしょ”

毎日を気持ちよく生きよう〜♪呼吸法、アロタイ、手当てやってます。

ひとりバンコク旅~ゆるゆる女子でも生きて還れる~①【おしゃれ宿紹介・KAMA Bangkok】

こんばんは、はつりです。

バンコクホイアンから昨日の朝、帰ってきました。

 

旅しているときも、帰ってきてからも、たーくさん、お話ししたいことがあったのですが、時間も体力も追いつかなかった・・

なので、今、少しずつ、アップしようかな~と思います。

 

今回は、バンコクで泊まった、ホテルまではいかないけど、ゲストハウスと呼ぶにはもったいない!魅力を持った、素敵なお宿について。

 

【Kama bangkok】(stay 8/13,8/14)

1件目はカマバンコクさんです。

ここは本当におしゃれでね~!

びっくりしました。

最寄りのサパーンタクシン駅から徒歩30分のところに立地しております。

遠いでしょ。笑

私は日本からバンコクに着いた当日にこの宿でした。

 

そんな中、勇者はつりは、なるべく土地勘をつかみたい!という思いで、ドンムアン空港からシャトルバスを使い、

 f:id:hatsuri888:20160820222407j:image

 

 

ムーチン駅からBTSという電車に乗り、サイアン駅へ。

f:id:hatsuri888:20160820222442j:image

(駅通路にもおいしそうなお店が・・寿司!)

 

 

おいしいタイ料理が食べたい!と思い、お店がたくさんありそうなサイアン駅で降りました。

大きなファッションビルが立ち並び、おしゃれな若者たちが闊歩するサイアン駅です。

 

ここでまず腹ごしらえ。バーンクンメイさん。

f:id:hatsuri888:20160820222538j:image

f:id:hatsuri888:20160820222620j:image

選んだ料理が海老ばっかでした。20匹は食べたかも・・・

 f:id:hatsuri888:20160820222642j:image

シンプルに春雨の炒め物がおいしかったです。

 

そして、宿の最寄りのサパーン・タクシン駅へ。

すっかり日は暮れて、真っ暗です。

ほんとは早めにつきたかったんだけどな~とか思いながら、うろうろタクシーを探します。

結構、怪しいトゥクトゥクや、リムジンバスのおっちゃんがたむろしてます。

 

むむむ。

なんとか流れているタクシーを捕まえ、乗り込んでみます。

ここからが大変。

なにがって、宿のMAPを印刷してくればよかったのですが、してこなかったために、伝えるのが大変。

(2日目は、この宿のmapを見せたら大丈夫でした笑)

 

タクシーの運転手さんは、99%この場所を知りません。(名前を言っても伝わらない)

google mapを見せても、首をひねられます。

宿に電話をかけても、あいにく繋がりません。

でも、この運転手さんは人柄がよく、なんとか連れていってくれようとしました。

私の方も、google mapを見ながら、つたない英語で、道案内をします。

right,left,right,right.......

正直、運転手さんも恐る恐るでしたが、途中、「あーわかった」

という顔をして、なんとか連れて行ってくれました!

 

神!もう着けなかったらどうしようかと思った~~~!

 

言葉もわからない、場所もわからない土地で、運転手さんに突き放されたら。

 

周囲は夜の怪しい雰囲気・・・

 

想像するだけでoh,my god!!!!ですからねー・・。

 

運転手さんありがとう。超助かったよ。

思わず握手を交わしました。♡

 

そしてKAMA Bangkokさん。

「今、宿の人が出かけてるから、僕が案内するよー」と、barにいた西洋人が案内してくれました。

今回、ドミトリー(共用)もあったのですが、よく休むために個室を選びました。

 

f:id:hatsuri888:20160820222856j:image

 

入った瞬間、安らいで、もう動けなくなりました笑

 

私が泊まった時は、35%offで、大体1泊2200円くらいで泊まれたかな・・?

トイレ・バスルームは共用スペースです。

個室にある部屋もあるみたい。

そそくさと、フロアに3つほどある共用バスを借りて、ぐっすりオヤスミ~。

 

朝は、「コケコッコー!」というニワトリのけたたましい声で起きました・・・。

30秒に1回ペースで鳴くんだよ・・・もう。

よく見たら、こんな耳栓とお知らせも。ほほえましい。

f:id:hatsuri888:20160820222949j:image

お部屋はこんな感じでした〜。

f:id:hatsuri888:20160820223354j:image

f:id:hatsuri888:20160820223423j:image

f:id:hatsuri888:20160820223512j:image

植物があるのが良いね。

また、日本人がいたのかな?こんな本も。『それを愛とは呼ばず』なんて。迫るね…笑

 

f:id:hatsuri888:20160820223541j:image

 

そのあと、なんとなく屋上へ。

f:id:hatsuri888:20160820224201j:image

"ROOFTOP CLOSED FOR RENOVATION"

なんて書いてありましたが、ゆるゆるなので、ドアは開いてます。

f:id:hatsuri888:20160820224126j:image

f:id:hatsuri888:20160820224317j:image

洗濯機が回っていたり、ペンキ塗りかけだったり、ほんと修復中。

気にせず、ベンチに座り、朝日が昇るのを見ながら、呼吸をしました。んーいい感じ。

 f:id:hatsuri888:20160820224408p:image

アロタイも♪

f:id:hatsuri888:20160820224501j:image

 

朝食もgoodでした。焼きたてワッフルだよ〜150bath(約300円)!

コーヒーは50bath(約100円)。

f:id:hatsuri888:20160820224600j:image

f:id:hatsuri888:20160820224532j:image

この間、中国人男性が目の前で、いろいろ話しかけてくれました。

地図を広げてたら、「この日本語は読めるよ!王宮!」漢字だからね。笑

「今日はどこいくのー?」「ひとりで来たのー?クールだね~」「笑顔がキュートだね!」と早口の英語でいろいろ話し、風のように去っていきました。中国人の英語レベルはなかなかです。

 

2日目の夜も、いろいろあって(本当に色々…)22:30と遅くに宿へ帰ってきたのですが、温かく迎えてくれました。

受付のタイ人女性のyoです。

「はつり〜、あなた、一緒にピザを食べてくれない?1人で食べてて寂しかったの!」

はい、超お腹すいてます!

 

f:id:hatsuri888:20160820225021j:image

一緒に食べれて楽しかった!

ありがとう♡

 

次の日も、うっかり飛行機のフライトに乗り遅れそうになってた私を、KAMAの方々は、taxi呼んだりサポートしてくれました。

 

ありがとう。

 

たぶん、オーナーさんなのかな、逞しい黒人男性がしっかりしていたので、KAMAは守られて、いいスタッフが集まってるんだな〜と思いました。

オーナーさんに、フランス人に間違えられたのはびっくりしたけど…

 

そしてセンスのよさ!

すてきなお宿でした。

陽が出てる間なら、駅から30分歩いていけます。

また泊まりたい宿ですね^ ^

 

はつり

 

f:id:hatsuri888:20160820225426j:image

f:id:hatsuri888:20160820225533j:imagef:id:hatsuri888:20160820225541j:image

 f:id:hatsuri888:20160820225559j:imagef:id:hatsuri888:20160820225606j:image

 

#バンコク #ひとり旅 #宿