肇里blog☆福寿草

エネルギーで夢を実現させていく☆自然の愛が溢れる人に☆☆☆

風邪の効用

風邪をひきました。

 

仕事中、ふいに「ん、喉がきりきりする」

と思い、瞬く間に話せなくなるくらいの痛みに。

 

いつも元気に動き

声を出している平日のお仕事ですが。

 

まったく出ない。

 

上司にも「顔やばいよ」

と言われ、

やはり、次の日も喉の痛み、それと鼻づまり。

ぜえはぁしながら、なんとか残業も乗り越え。(忙しい日だったんですね)

 

そして3日目の朝ですが、咳や痰が出てきた。

 

すこし頭も痛いが、食欲が出てきた。

 

 

こうやって、何年ぶりかに、本腰入れた風邪をひくと、

身体の作用ってすごいなあと感じますね。

 

出す、出す。食べたくない、とりあえず出す。

すると、肌も柔らかくなる。

自分を生きるのに精一杯で、余計なことも考えなくなるから、気持ちも軽くなってくる。

 

昔実家にいたころは、すぐに薬を飲んでいましたが、今は飲みません。

 

出したいからです。症状を抑えたら、せっかく出そうとしてくれてる身体に、溜まっていくと思います。

 

(この考え方は、呼吸法で吐くのを大事にしているからですかね)

 

野口整体の身体教育研究所、というところで今稽古をつけてもらっていますが、

相互内観(お互いに触れている部分を感じる作業)をしたときに、肩甲骨が緩んだことが、風邪を引きおこしたんじゃないかな~と思っています。

 

もともと、背骨・肋骨の変形を抱えているのですが、とても、形が変わってきました。

 

日々のアロタイで、植物のパワーと、リラックスしていたのも、大きいですね。

 

呼吸はやると、身体も心もとても素直になりますね。

 

 

そんな私の身体ライフです(笑)

表題の野口先生の本、読んでみようかなあ。

 

はつり