読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

福寿草ー"都心のちょっと不思議な気持ちよいばしょ”

毎日を気持ちよく生きよう〜♪呼吸法、アロタイ、手当てやってます。

アロタイファースト講座第4回目①座学:精油は金(きん)であること

アロタイ

アロタイ、4月は盛りだくさんですよ~。

 

4回目を受けにいってきました♪

 

今回も座学から。

 

その日、私結構、疲れていたんです。

 

からだの大きな変化と、

仕事の大きな変化と、

やりたいことが追いつかないのと、

猫アレルギーなのに猫を触りまくってきたことと(笑)

 

こうやって書くと、「私、落ち着いて休みなよ笑」

と気づけるのですが、癖ですね・・。

 

そんな乱れ気味の私に会った瞬間、千里さんはいいました

 

「はっちー、今日尻尾落ちてるよーどうしたの?」

 

そう言って、アレルギー症状に効く精油が入った霧吹きでシュッシュとしてくれました。

 

「今は地震もあって、気圧が乱れているからね。心身も乱れやすいときだよ」

 

地震と気圧の関係があったのかー

なんて、ことも始めて知りました。

 

「焦らず、のんびりいこうね。」

 

そんな言葉をくれる千里さんが、本当にありがたかったです。

 

今はネットが発達して、人と会わなくても、連絡が取れてしまう時代だけれど、

実際に人と人が会うことで、本当に大切なことばや気持ちが受け取れます。

 

学ぶだけじゃなくて、人と人がつながる時間。

通っていてよかったなあ、と思うときです。

 

 

さて!

講座の方です。

 

精油・・・成分のお話もちょこっとやりましたが、今回1番心に留まったのは、

 

その昔、精油は、(きん)であった、ということ。

金??なんで?

 

その秘密は、精油の作り方にあります。

 

より生まれた植物は、摘まれた後、

を張った鍋に入れられます

をかけ、ぐつぐつと煮られ、

に乗って、水蒸気として溜まります

 

そうして水分の上に溜まった油分が、精油である、と。

 

自然界の要素をすべて含んで生まれたものが、精油、なんですね。

 

だから、昔の人は、不老長寿のとして、精油を捉えていました。

 

すごいですよね。

なんか、とてもパワフル~~~!

 

実際、アロタイを始めて、とても効果を感じているので、納得です。

 

精油をとるとき、必要な植物の量も、やっぱりすごいんです。

ラベンダー・アングスティフォリアであれば、

精油1kgあたり、160kgとか・・・

 

高いイメージのローズ(ダマスケナ)であれば、

4000kgのローズが必要だとか。

 

多くの植物の命が

精油には詰まっているんですね。

 

地震がありました。

気圧も変化しました。

植物や、火や、水、空気・・

精油、自然界の要素が詰まったものです。

 

私たちは、自然の中で生きている。

 

そんなことを、改めて感じながら

 

ありがたい精油ちゃんを使い、次は実技です。

 

つづく。