肇里blog☆福寿草

1人1人が自分を楽しむ世界に向かって☆「本来の自然な状態」で、「じぶん感覚」を取り戻す☆Energie worker hatsuri

3/9 water

f:id:hatsuri888:20170309124233j:image

【water】

海はどこまでも続いていますね。


水は境がなければ、自然とひとつながりになります。くっついて、融和する。

 

境となる「堪え」のような部分を解いてしまえば、
すべてはスムーズにひとつながりに行くのでしょう。

 

要らぬ堤防を除くと、海は拡がる。

 

 

今の感情は、どこから生まれて来るのか知ること。それはとても、大切ですね。

 


3/9。
レミオロメン、と思います。笑
変化と別れの時ですね。

 

 肇里

今、ご飯を食べていて思ったこと。

f:id:hatsuri888:20170307151907j:image

 

大好きなご飯屋さんで、ランチです。

 

明日のヒカリエに向けて、夜のアロタイに向けて、エネルギーチャージ!

と思って来ましたが、

 

入って頼んでから、「なんか贅沢しちゃったかな…」っていう自分を発見してしまいました。(笑)

 

で、そんな罪悪感を抱いて食事したくないし、

罪悪感がある時は、考えがズレているサインなので、目の前のご飯に集中して食べてみました。

 

おいしい(*^_^*)

じゃなくて笑、そこから降って来た想いを、シェアしたいと思います。

 

今このお店を出たあと、もしかしたら、交通事故に遭って、死ぬかもしれない。

 

そんな風な想いが、食べてる時に、湧き上がってきたのです。

 

そのときに、

「あー、最後に好きなお店で、おいしくご飯食べれて、よかった」

と思って死ぬか、

 

「うわー、どうせ死ぬなら、もっとご飯楽しんでおけばよかった。てか、そんなちっぽけなことで悩んでた自分…」

と思って死ぬかは、

だいぶ違うと思うのです。

 

これは、なかなか想ってることにトライできない方に知っていてほしいことなのですが、

 

人は死に向かって生きている、んです。

 

いつだったか、

どこでだったか、

 

死に向かって生きていることを意識すると、

 

今の自分の生き様を見直すきっかけになることを知りました。

 

 

例えば、私は人工呼吸器を付けたことがあります。

 

その時間は果てしなく、

なぜ、生きてるんだ

なぜまだ生かされてるんだ

という、生命の目的を考えるきっかけになりました。

 

こんなマスクなんか付けなくても、私は生きていける!

と、気の強い私は、勝手にマスクを外して呼吸をしていました。

 

与えられるだけでは、苦しいということは、

この時に知りました。

 

マスクの中は有用な酸素でいっぱいでしたが、

 

鼻はつままれていて、

口でしか呼吸できないから、

口を開けていると、勝手に空気が入ってきます。

 

出してないのに入ってくるのは、かなり不自然で、苦しいものでした。

 

 

ただ生きている

 

それだけになってしまうことが、

いかに生きがいがなく、深い部分で自分を苦しめるかを知りました。

 

 

自分の人生に無造作であることは、

自分の生命に対して、失礼である。

 

そんな風に思いました。

 

運良く、手術もいろいろな経過も、お医者さんが驚くほどうまくいき(2度する予定だった手術が1度で済んだほど)、

私はチャンスを貰った、と思いました。

 

その後、呼吸法を学び、

「ただ生きている」という実感を得た時に、ものすごく深い感激を抱いたことがあります。

 

その時は、無造作なのではなく、

息(生き)していることに、ただ感動できました。

 

自分がこれほど意識的に、生きてられることは感動でした。

 

自分で今、息ができるなら、十分じゃないか。

 

感謝でたくさんでした。

 

今元気で動いている。十分じゃないか。

 

そんな風にして、健康(身体だけでなく、心も。)に取り組んできた私は、

 

今じゃ

「あなたは健康だから、長生きするよ」

 

「社会に出て、どんどん明るく生きなさい」

 

と、いろんな方に言われるようになりました。

 

物理的には背骨が曲がっていても、

「身体はもう健康にできている」

と、言ってもらえるようになりました。

 

健康は、身体が元気なだけでは足りない。

今の心がどんな感じかが、とても大切です。

 

もし今あなたが、不安になっているのなら、それはサインです。

 

不安は、やることをやっていない時に起きます。

 

自分の心は決まっているのに、

なにかしら文句をつけて、

思い込んで行動に移さないと、

人は不安になります。

 

大切なことは、

自分で「こうしよう」と決めたことに、しっかり取り組むことです。

 

自分を裏切らないでいてあげるのは、

自分にしてあげられることです。

 

そして、自分にしか、してあげられないことです。

 

 

肇里

 

アロタイ・手当てなタイヨガ(ヒーリング・千里式タイ古式マッサージ)・呼吸法のお問い合わせは、
こちらまで。
hatsuri.kokyu@gmail.com

3月日程
◎銀座新橋
9(木)
10(金)
14(火)
16(木)
17(金)
23(木)
24(金)
30(木)

 

西荻
3日(金)
7日(火)
11日(土)
18日(土)
22日(水)
25日(土)
27日(月)
29日(水)
31日(金)

2月にあった、不思議な出会い

肇里です。

 

最近、意識して、自分の名前を漢字で使うようになりました。

 

それには、嬉しい出会いと気づきが関係しています。

 

2月、フリーランスになった私は、椎原崇さん という方のセミナーに参加してきました。

 

これからフリーでやっていくのに、なにかヒントがあればな~と思って。

 

椎原さんの文章やゆるい雰囲気も好きだったので、楽しみに会場に出かけました♪

 

会場に着いてみると、大勢の人。!

 

4名がけのテーブルにつきました。

 

そして隣の席の女性を見ると、初対面のはずなのだけど、会ったことあるような・・・?

 

思わず、「どこかでお会いしましたっけ?」

と聞くところでしたが、「いやいや、たぶん初めましてだ」と気持ちを抑えて普通に挨拶しました。(笑)

 

で、話していると、テンションがおもしろいし、めっちゃ額の「第三の目」がある場所が主張してくるw

 

ちょっとすごいし、面白い人だぞーと思って話していました。

 

そうしたら、セミナーの中で、「私は人の名前を見ると、その人の過去から未来の情報が入ってくるんです」と、教えてくれました。

 

すごい!

聞くだけで、大変そうで、類まれな才能です。

そしてなんと、セミナーが終わったあとに、彼女の才能である、その「お名前リーディング」をやってくれました!

 

彼女は元々、「数秘術(古くからある占いですね)」を身に着け、仕事をしていたそうなのですが、

今回、「お名前リーディング」という持って生まれた才能を使ってお仕事をしてみたい、とのこと。

  

で、さっそく紙に「福島肇里」と、ささーっと書いて見てもらいました。ら・・・

 

「!ものすごい敏感ですよね?え、ヒーラーさんですよね??」と・・・

 

福島姓は、ほんわかした印象で、

 

名前の「肇里」が、ものすごいパワーを持っているとのこと!

 

びっくりしていたら、

 

「人と違うから、大変でしたね」

 

 「生まれつきヒーラーで、習ったりしなくても、ヒーリングできるんですね。ヒーリングするために生まれてきたようなものです!」

 

と言われ、

 

名前だけで、そこまで言われて、

 

「うわーそうかーーーー・・・」

 

と、自分に降参できたのです。

 

降参、と表現するのは、ちょうどその時、「マッサージ屋」として活動すべきか、悩んでいたからです。

 

 

自分でも、自分のタイヨガが「マッサージ」ではないことを自覚していました(笑)

 

だからこそ、なんなのか、自分でもよくわからなくなってたんです。

 

マッサージではなくて、今までの学びをアレンジしたものだから、うむー・・って。

 

確実に、お客さんには「すっきりしたー!」と喜んでもらえ、私自身も手ごたえがあったのですが、

 

「マッサージというより、ヒーリングだね」

と、先生の千里さんや、受けてもらった様々なお客さんに言われて、戸惑っていたのです。

 

「ヒーリングは、勉強したことないしなー」

「ヒーリングです!って言って、肇里が怪しいことやり始めたと思われたら、どうしよー・・・」

 

と、葛藤があったのです。

 

元々、よくある「マッサージ屋」さんの、「手順が決まっていて」、「効果を出そう」というやり方があまり好きではありませんでした。

 

その中で千里さんのタイヨガは決まりが少なく、「感覚」を最も大事にしていたので、良さそう!と思い、始めたのです。

 

そして、お客さんの身体と対話しながら、やってきました。

 

自分の考えや感覚や経験から、今の「マッサージというよりヒーリング」のタイヨガになったのです。

 

だから、ヒーリングと言うのは畏れ多かったし、正直、周りの目が怖かったのです。

 

どう思われるんだろう?って。

 

それでも明夏さんが、ズバリと、

 

・幼い頃から、なぜか自分を変わり者だと思っていたこと、

・だからこそ、周りに合わせようとしてきたこと、

・なぜか「癒し系」レッテルを貼られること、

・初対面でも、いろんな人が心を開いて話してくれること、

 

に対する答えを出してくださって、「それならしょうがないかー」と、安心できたのです。

 

明夏さん自身、見えないものが見えるという葛藤がかなりあったと言っていたので、

通じるものがあったんでしょうね。

 

不思議と腑に落ちて、納得できたので、

 

「これからはヒーラーとしてやってくよ!」

とその日に宣言して別れたんです。

 

それが、私の肇里の名前を使い始めたきっかけです。

 

どんな人も、肇里の漢字が読めないので、分かりやすくひらがなで書いていましたが、

分かりやすさよりも、

「ヒーリングしてくよ~!」という意識を持って、肇里を使っていこうと思ったんです。(笑)

 

 

そんなんで、私のタイヨガは、ヒーリングマッサージとして、やっていこうと思います!

 

心も身体もセットで、不思議に癒して、あなたの波動をぐいっと上げていきます

 

(うわー自分、不思議ちゃん切り開いた~~w)

(がんばって今まで普通!を目指してきたので、私にとって挑戦なんですw)

 

 

そして、明夏さんは、今モニター募集してます

あと5人だったかな?

・今の方向性でいいのかな?と思ってる人

・自分のこと、相談してみたい人

・今を楽しめる人

に、おすすめです

 

明夏さんのblog

http://ameblo.jp/sayakaakaruinatsu/entry-12251135707.html

 

そして、先日、呼吸法のマンツーマンレッスンも受けてくださいました。

その感想も!ありがとうございます。

http://ameblo.jp/sayakaakaruinatsu/entry-12250010895.html

 

いつも頭の上にお猿さんが10匹くらいいます、と、きゃいきゃい楽しそうな明夏さん

息を整えたら、しっとりと落ち着いて、花粉症まで治まった時は、「呼吸法すごいな」と思いました()

 

霊感の強い明夏さんが、どんな時も、地に足つけて、自分らしく強く生きていけるのを応援しております(*^_^*)

 

 

「隣にいるだけでぽかぽかしてきて、セミナー中ずっと眠かったんですよ~ヒーラーさんだったんですね~」

 

と言葉をくださった明夏さんのお蔭で、スムーズに自分を認めることができました。

ありがとうございます!

そして、ご縁ってすごい・・。

感謝!

 

肇里

 

アロタイ・手当てなタイヨガ(ヒーリング・千里式タイ古式マッサージ)・呼吸法のお問い合わせは、

こちらまで。

hatsuri.kokyu@gmail.com

 

3月日程

◎銀座新橋
9(木)
10(金)
14(火)
16(木)
17(金)
23(木)
24(金)
30(木)

 

西荻
3日(金)
7日(火)
11日(土)
18日(土)
22日(水)
25日(土)
27日(月)
29日(水)
31日(金)

母校の大学に練習をしに行ったら

 f:id:hatsuri888:20170305231858j:image

 

こんにちは、肇里です。

 

一昨日、母校の大学に練習しに行ったんですよ。ウッドベースの。

在学中、ジャズやってたんです。

 

今度、友人の結婚式で演奏するから、慌てて練習しに行ったんです(笑)

 

慌ててってあたり、ぎりぎり感が伝わってしまっているでしょうか(笑)

 

ベースがへっぽこ過ぎると、ちょっとやばいんです、演奏全体、みんな共倒れになるんです。

なので、本番までに、すこしずつ練習を重ねるのでぃす。

 

それで、練習しに行ったんです。

 

私が大学を卒業したのなんて、もうだいぶ前だから、今は知っている後輩もおらず・・

 

コソコソ練習して帰る、という「コソ練」をしようとしていたんです。

 

そうしたら、部室の鍵が入ってるロッカーの表示は「在室」。

 

誰かいるじゃんw

やばいな〜〜とりあえず頭下げてお願いしますと言おう。

 

そんな感じで向かったら、

 

そしたらそしたら

 

コソ練をするまでもなく、

在学時お世話になった、見覚えのある先輩が(笑)

 

その方は、現在もプロとして音楽活動されていて、

久々に来た、とのことでした。

 

なんてタイミング!

 

そしてその先輩とお話しできました。

 

自営業をするものとして、いろいろお話伺っていたのです。

 

その中で、「俺、最近コンディションいいのよ~」という話になりました。

 

なんでも、以前は、たくさん来る仕事を、

いいと感じるものも、正直ピンとこない・・というものも全部こなしていたらしいのです。

 

そうしたら、毎日仕事、みたいになってしまって。

 

コンディションを保つのが難しかったとのこと。

 

わーなんか、わかる!と思いました。

 

会社に勤めながら、ワークショップをしていたときは、そんな感じだったのです。

 

毎日仕事をする場合、いい!と感じる仕事だけだったら、まだできるかもしれません。

 

でも、あまりピンとこない=エネルギー乗らない仕事も一緒に取り組んでいたら、

 

無駄にエネルギーを拡散して疲弊してしまうので、

結局どちらの仕事も小さくエネルギーを回すしかなくなってしまうのです。

 

だから、いつまでもピンと来ない仕事は、とっとと、やめた方がいいのです。(きっぱり)と、私は思います。

 

すぐにやめられなかったら、期限を決めてしまうといいです。

 

で、それまでは、今の仕事を一生懸命、勤める。

 

そうすると、決めていた期限よりも、もっと早く次に移るチャンスがやってくることもあります。

 

やっぱり、目の前の人生に集中するのは、とても大切なのです。

 

そうゆう人の方が、運がついてきそうでしょ?w

 

その先輩は、仕事を振り分け選ぶことをし、今はコンディションがいいとのこと。

 

で、そんな話をしていたら、後輩(初対面)が入ってきました。

彼はスーツを着ていて、就活中だとのこと。

 

そして、自分のスーツ姿をちらりと見て、少し塩っぱい顔をして、

「スーツ似合わないけど、就活がんばってます」と言っていました。

 

思わず昔の自分を思い出して(笑)、

「がんばらなくていいよ〜」とか、言ってしまう私なのでした。

  

で、その子は「欲しいものがあるから、会社入ります。楽器とか!」と言っていて、

 

先輩と私は、思わず

「かわいいね~~~」

と言うのでした。

 

おしまい

 

肇里

 

 

高田馬場のスタジオ練習で

f:id:hatsuri888:20170304230342j:image

 

(今日、肇里のカレー写真見てると食べたくなる!との声を頂いたのでまた載せちゃいます。グリーンカレー。いひひ)

 

こんばんは、肇里です。

 

今日は、大学時代の仲間と、スタジオでバンド練習してきました〜♪

結婚式での演奏に向けて、最後の練習です。

 

そのときに思ったのは、やっぱり息が合うと気持ちいいね〜、ってこと。

 

息が合うときって、

合図なしにお互いの雰囲気を感じ取ってる瞬間で、

 

うわー人間の感覚ってすごい!

 

なにも言わなくても、共有してる感じ、愉しい!

 

と、思うのです。

本能的で、無意識に近いものだなぁ、と思います。

 

感じて、音を鳴らす。

 

そのときにも、呼吸呼吸、、、と

息を感じていると、冷静な状態で演奏できて、うまくできることが多いです。

 

でね、そのバンド練習では、毎回、3時間くらい練習して、

あーもうすぐ練習終わりだな〜、って時に、

最後に1曲通すんです。

それはそれは…1番辛いのです。笑

 

現役時代なら弾けても、ブランクがあると体力がないのね。笑

 

 

でも、その最後に1曲通す=本番と同じ状況にトライする、ことで、

 

うわー体力もたない!

幻滅!

みたいになって、

 

自分の足りなさを思い知って、

 

また個人練習しよー!

 

ってなるんですよね〜。

 

上手いよね〜、花嫁の仕切り方。

って今日思いました。

 

もし、みんなが満足いく演奏で練習が終わっていたら、

本番まで、個人練習しないかもしれないもんね。

 

足りないところがあった方が、変わろう、伸びよう、とする感じ。

 

これって、いろんなことに、通じる気がしますね。

 

例えば、人生の困難って、誰にでもありますよね。

 

「なんでこんな時に、こんなことが…」

 

ってことは、ほんとーに、人それぞれ、誰にでもある。

 

で、そんな時。

不満でいっぱいになって、

自分や誰かを責めたり、無理!と逃げたりするのかもしれないけど、

 

そうじゃなくて、

「じゃあどうしようかな?」って

 

今自分ができることに目を向けてみる。

 

思うようにならない時は、

 

「今までの考え方から

ちょっと変えてみて」

 

って捉えるといいです。

 

もっと自分が気持ちよくいられる意識に変える、いいチャンスになります。

 

(そのときもやっぱり、自分の気持ちいい感覚を知ってることが、大事だねぇ。)

 

自分に意識を向けてみる。

自分で不満に気づくから、努力して、満足したくなるんです。

 

それって実は、その人ならではの幸せと繋がってたりするんですよ。

 

だから、困難が来た時は、よしキター!って思ってみるのは、1つ手です。笑

 

楽しくハッピーな結婚式になりますように!

あと2週間のうちに、ちょこちょこ練習してきまーす♪

 

肇里

元都知事の記者会見を見ながら思うこと

f:id:hatsuri888:20170303234027j:image

 

お弁当屋さんの家で、

元都知事の記者会見を見ながら思うこと。

 

私「なんか、ハムスターみたいな顔だね~・・」

お弁当やさん「あなたこうゆうの興味ないでしょ」

私「うんw」

 

回りくどくて、何言いたいのか、よくわかんないからさ〜

はっきり言ってちょ(笑)

なーんて、思います・・・。

 

昨日、身体の師匠が、

「こうゆう稽古を続けていると、社会性がどんどん無くなります。周りがああだこうだ言っていても、私はこう、という風に。」

と言っていて、

「あ~確かに・・・」

と、めちゃめちゃ心あたりのあった生徒は私です。

 

なかなか会社辞めて、社会認知度の低い仕事やる人、いないから(笑)

 

まずは自分がどう生きていくかが、大切だと思ってるんです。

どんなことを大切に思っていて、

どんな価値観で、どう在りたいのか。

 

向かうところのない創作ダンスが、自己陶酔になりがちなように。

レシピのしっかりしていない料理の大半が、微妙な味になってしまうように。

初めて字を習ったとき、なぞらされた字が「標準的なきれいな形」ということに、つまらなさを覚えたように。(これは私だけ?)

 

どんなものを出したいのかって、誰かに表現する上で大事ですよね。

 

記者会見を見ながら、ぼーっとしていたら、

お弁当屋さんのお客さんから、桜餅をいただきました。

「ああ、ひな祭りだったね」

と2人でいい、おいしいねー、と食べました。

 

そのあと以前働いていた職場にお邪魔した私は、

桜餅を手土産にもっていきました。

「勤務後にどうぞ」

 

桜餅が回る。

わかりやすいエネルギー交換です。

いひひ。

 

肇里

なぜ呼吸法をやっているの?-本当にやりたいことってなんだろう-

f:id:hatsuri888:20170303192612j:image

(今朝はクリームパンでした♡大好きなアンセンさんの♪)

 

どうもこんばんは、肇里です。

 

今日は、私が会社を辞めて、自営業を始めるきっかけとなった話を少し。

 

私が福寿草として、心と身体のことを伝えようと思ったのは、「呼吸法」が始まりです。

 

で、その呼吸法を始めたきっかけは、

 

人生で行き詰まったから、

 

というのがあります。(笑)

 

その行き詰まりは、

 

仕事がまっっっったく自分にとって、ピンと来なかったときに訪れました。

 

大学を卒業して、

入社し、

経理事務職に就いたのですが、

それがまっっっったく、合わなかったのです。

 

正確に、迅速に、PCに向かって、毎月データを上げる

という作業が眠くてしょうがなかった。(笑)

 

黙々と集中してやるのは得意でしたが、

 

数字を間違えることもしばしば…

正確じゃない経理なんて、めっちゃ合ってませんね(笑)

 

成り行きで、違和感を持ちつつ入ってしまったけれど、

今思い返せば、すごく、自分のことを知らなかった。

 

その職を選んだ理由も、

不況の中、とってくれる会社があるなら入ってみよう、そんな感じでした。

 

それでまあ、仕事が合わなければ結婚しちゃえば〜、と軽〜く思ったりもしたのですが、

 

いざ、社会に出てみると、

 

仕事がイマイチだと、恋愛に力を入れるもなにも…
というタイプでした。

 

 

周りの子は、アフターファイブに婚活をし、結婚する中、

 

 

私は、

 

「わたしの本当にやりたいことって、なんだろう?」

 

「わたしが輝ける仕事ってなんだろう?」

 

そんなことを考え、

 

自分を知るために、ヨガやアーユルヴェーダを始めました。

 

そして最終的に、

 

「呼吸法」

に辿りつきました。

 

私の呼吸法は、加藤俊朗さんの呼吸法がベースです。

日本の呼吸法の第一人者と呼ばれている方です。

詩人の谷川俊太郎さんにも、15年以上個人レッスンをしています。

 

加藤先生の呼吸法は、私にぴったりでした。

 

始めて3ヶ月は、

 

これでいいのかな?

これでうまくいってるのかな?

 

そんな疑問を毎回持ちました。

 

たかが呼吸、されど呼吸。

 

それまで長い時間呼吸を意識したことがなかったし、

 

自分に合わないことを続けていたことで、

 

自分に生まれる感覚・感性を信じられなくなってたんですね。

 

でも、ものすごく、気持ちよかった。

 

息を吐くと、心が爽やかになれた。

 

元気になれた。体が楽になった。

 

そんな自分が、ものすごく嬉しかったんです。

 

何年か、毎週月曜日の夜、いそいそとレッスンに通い、

遂には、指導者クラスにも参加しました。

 

毎週のレッスンや指導者クラスでは、いつも1番若手。みんなにかわいがってもらいました(笑)

 

同世代の女性は、美容とか素敵な物とか蓄えることにお金をかけているようでしたが、

 

私といえば、

自分の内側がきれいになり、感覚が冴えてくるのが、堪らなく好きで、ずっとそんなことをやっていました。

 

自分がクリアになって、世界がきれいに感じられるのが好きでした。

 

 

そんなことを繰り返していた、とある晩。

 

仕事帰りに、シャワーを浴びていました。

 

なんとなく心がモヤモヤしていて、

じっとシャワーを、頭から浴びてました。

 

ただなんとなく、シャワーを浴びていたのですが、

 

その時、自分の呼吸に気づいたんです。

 

そして、深い部分で、こう気づきました。

 

 

「今、わたしは生きている」

 

 

ただ生きていることを感じ、そのことにものすごい感銘を受けました。

 

シャワーと一緒に涙がぼろぼろと、流れました。

 

「ありがとう」と、

誰に、何に、いっているのかわかりませんが、

思わず繰り返し言っていました。

 

すべてに赦された感覚は、そんな時でした。

 

何に責められていたのかは、わかりません。

 

でも、あの時の感銘は、今の私の活動の元になっています。

 

そして今も、呼吸法のプロとして、

 

毎朝 坐り、

起きている間は、呼吸を意識しています。

 

呼吸法を身につけたことで、

 

自然な流れで、好きな場所で1人暮らしできたり、

 

自然な流れで、様々な素敵な人と出会ったり、

 

自然な流れで、興味のある仕事に転職できたりと、

 

より自分に心地よく、人生が流れるようになりました。

 

そして、

 

「心も体も、楽にきれいになる、呼吸の時間をシェアできたらな〜」

 

「みんなが気持ちよく呼吸をして、

気持ちよく生きていけたら、

もっと楽しくって、ハッピーな世の中になるだろうな〜」

 

そんなことを思い、呼吸法のレッスンを始めたのです。

 

息は自らの心、と書きます。

 

呼吸が気持ちよくできると、

自然と人生も気持ちよく流れます。

 

これは、確信を持って、言えることです。

 

私は、自分の息と呼吸を信じています。

 

どんなに荒れてる自分も、受け容れます。

とても気持ちよくいられる自分も、感謝して受け容れます。

 

これが、私の信念です。

 

読んでくれてありがとうございます。

 

 

肇里

 

****

私の呼吸法のワークは、今のところ、どんな方にも、リラックスして、受けて頂いてます♪

 

現在、西荻窪、新橋銀座で、希望があるときに行っています。

出張も可能です。

 

もし興味のある方は、ご連絡ください♪

 

呼吸法のワーク

マンツーマン/1時間4000円

2名以上/1時間3000円

 

 

加藤メソッド呼吸法 リーダークラス第3期修了

アロタイインストラクター

タイヨガ(千里式タイ古式マッサージ)上級者

 

福島肇里

 

 

加藤俊朗さん

http://katotoshiro.com

『呼吸の本』オススメです♪

https://www.amazon.co.jp/呼吸の本-谷川-俊太郎/dp/4904507487